人文学部心理臨床学科

学生一人ひとりの多様なニーズに応え、教育や福祉、医療をふくむ幅広い視点から人間の"こころ"を深く学びます。

心理臨床学科 学科長 / 教授 河田 将一

河田将一学科長

 心理臨床学科が誇る「心理学」「特別支援教育」「精神保健福祉」の3本の柱。この3本の柱を組み合わせて学ぶことで、単に人間の心についての学びに留まることなく、現実に巻き起こる心の問題について、教育や福祉、医療などの幅広い知見をもって適切に支援ができる力を育みます。また、豊富な実務経験を有し多様な領域で活躍している教授陣の講義・演習は、実際の支援ニーズに対応する力を育みます。加えて、学生は1年次から積極的に継続的な支援ボランティアに取り組んでいて、学びと実践を融合させています。さらなる専門性を求め大学院をめざす学生には、進学に向けた支援も積極的に行っています。基礎力と専門性、そして実践力。私たちと一緒に心理臨床学科の学びを歩んでみませんか。

  • 心理学コース
    心理学コース
  • 特別支援教育コース
    特別支援教育コース
  • 精神保健福祉コース
    精神保健福祉コース
心理学・特別支援教育・精神保健福祉という3つの専門性と臨床実践や応用を意識し学びを発展させていく充実した4年間

特色ある科目

  • 精神保健福祉援助実習

    精神保健福祉士に求められる相談援助の基礎的な知識や技術について演習を通して実践的に学びます。

  • 発達障害者の心理

    障がいのある人の心理特性等を学修します。障がいの発見とその受容、保護者や彼らを取り巻く人々を理解・支援するための知見も得ていきます。

  • 心理査定法

    心理査定は、悩みや課題を抱える人の援助方針を立てる際、重要な基礎情報ともなります。この授業では臨床現場でよく使用される心理検査を体験しながら理解できることを目指します。

  • 精神分析学

    精神分析は19世紀末、ウィーンの精神科医フロイトによって創始されました。この講義では、精神分析の基礎的な理論から精神分析的心理療法の実際について理解を深めていきます。

4年間の学びの流れ